プロフィール  Biography

佐藤卓史(さとう・たかし)
1983年秋田市生まれ。4歳よりピアノを始める。
高校在学中の2001年、第70回日本音楽コンクールピアノ部門で優勝。
2003年のデビューリサイタルの成功により、翌年史上最年少で日本ショパン協会賞を受賞。
東京藝術大学を首席で卒業後渡欧、ハノーファー音楽演劇大学とウィーン国立音楽大学にて研鑽を積む。
その間国際舞台でめざましい活躍を遂げ、2007年第11回シューベルト国際ピアノコンクール第1位、
2010年エリザベート王妃国際音楽コンクール入賞、2011年第21回カントゥ国際ピアノコンクール第1位、
メンデルスゾーン国際ピアノコンクール最高位(第1位なしの第2位)など受賞多数。

これまでに、ピアノを目黒久美子、上原興隆、小林仁、植田克己、アリエ・ヴァルディ、
ローラント・ケラーの各氏に、フォルテピアノを小倉貴久子氏に師事。
内外の主要オーケストラと多数共演、世界各地で演奏活動を展開し、2011年には
シリア・ダマスカスのダール・アル・アサド文化芸術劇場でソロリサイタルを開催した。
2013年にはデビュー10周年を記念してソロリサイタルツアー「ベートーヴェン 4大ピアノ・ソナタを弾く」を開催、
全国16都市で演奏し好評を博した。2014年より「佐藤卓史シューベルトツィクルス」を開始、
ライフワークとしてシューベルトのピアノ曲全曲演奏に取り組んでいる。

室内楽奏者としても高く評価されており、著名奏者と数多く共演。
2012年よりエリザベート王妃国際音楽コンクールの公式ピアニストを務めている。
2007年にソロデビューアルバム「ラ・カンパネラ〜珠玉のピアノ小品集」(ナミ・レコード)をリリース以来、
レコーディング活動にも積極的に取り組んでおり、日本と欧州で多数のアルバムを発表。
佐藤俊介との共演によるCD「グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ集 全3曲」(ナミ・レコード)は
平成19年度(第62回)文化庁芸術祭レコード部門《大賞》に輝いた。
放送出演も数多く、現在はBSジャパン「おんがく交差点」にレギュラー出演中。
作編曲・レクチャーなど活動の場は幅広く、実力派ピアニストとして注目を集めている。
国際フランツ・シューベルト協会会員。


詳しい情報は以下のリンクをクリック!

【主な受賞歴】

【学歴】

【共演した主なアーティスト】

【主な放送出演】

Microsoft Word Document( .doc)形式のファイルを下からダウンロードできます。
・日本語プロフィール(完全版・1927字) ダウンロード
・日本語プロフィール(通常版・562字)  ダウンロード
・日本語プロフィール(短縮版・214字)  ダウンロード



» 英語/English/Englisch
» ドイツ語/German/Deutsch